迎光臨!美知教育―上海中国語教室・上海短期留学(徐匯校・古北校)

美知教育ー上海人気中国語教室

上海人気中国語学校-美知(徐家匯/虹橋・古北)です。ピンインから学ぶ基礎中国語から、文法を中心とする授業、日常生活会話、ビジネス会話、駐在員の方への企業語学研修、上海家庭教師派遣、上海短期留学|プチ留学プログラム、インターネットライティング講座、WEBオンライン中国語ライブレッスンなど多彩なコース。

上海市徐匯区歴史

                f:id:meizhishanghai:20190511171017j:plain

徐匯区の名称は明末の農学者、政治家である徐光啓が居住していたことより命名された。

唐代には華亭県高昌郷に、元代以降は上海県高昌郷に属した。1910年宣統2年)、徐匯地区は上海県上海城、法華郷、漕河涇郷に区分された。1914年フランス租界拡大に伴い現在の肇嘉浜路以北及び華山路以東が租界地に編入された。

1927年民国16年、国民政府が上海特別市を設置した際、租界を除く地区は滬南区漕涇区法華区の管轄となった。日中戦争中南市区滬西区及び上海特別市第四、七、八区に改編された。

1945年(民国34年)には前身となる徐家匯区が設置が設置された。国共内戦中の1947年(民国36年)、中国共産党により徐匯区と改称された。1958年西郊区の一部、1984年9月に上海県竜華鎮及び漕河涇鎮、1992年7月に上海県竜華郷を合併し現在に至る。